シミ治療といってもどんな意味なのか

シミ治療というのは、一言にいってもいろいろとあります。
そもそもどんなシミであるのか、ということから考えるべきでもあります。
例えば老人性色素斑というのがあります。
これは境界がはっきりした褐色、或いは黒のシミであり、数センチ程度まで大きくなることがあります。
名前の通り、老人性、ということから40代以降くらいから発生することがあるシミになります。
主な原因として加齢があるわけですがそれは紫外線などによってより強く出て来ることがありますから、紫外線防止などをすることによってそこそこ抑えることができるようになります。
割と紫外線対策をしていない部分として多い、鎖骨とか腕あたりに出ることがあります。
このシミ治療なのですがレーザー治療、内服薬、外用薬などがあります。
基本的には病院の指示に従って行う、ということにしましょう。
市販の薬にはあまり頼ることがないようにしたほうがよいです。
素直に美容皮膚科などに通うことによって改善させるべきです。
そこでシミ治療をやっています。